長野県の安曇野で育ったサンふじりんごを産直でお届けします!

りんごの上手な保存方法

★りんごを美味しいまま保存する方法

指りんごも他の果物も呼吸をしています。低温で適度に湿度のある場所で保存すれば、呼吸作用を抑えて水分や糖分の発散を防ぎ、新鮮さが長持ちします。また、温度変化が大きいと早く痛みます。そして、りんご貯蔵の適温は 0度〜5度くらいです。したがって『ひとつひとつビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れる』のがベストの方法です。
それが出来ない時は、暖房が届かなくて温度変化が少ない室内(北側の廊下とか玄関)で、やはりビニール袋に入れて保存しましょう。ベランダなどの室外も冬は温度差が大きいのでダメです。
また、「キウイやバナナなどと一緒に置くと美味しくなる」というのは誤解で、エチレンガスを発生して熟成が早まる(痛む)ことになりますので、冷蔵庫に入れるときには注意しましょう。

しかし、りんごに限らず収穫後の果物は、常に劣化していきます。どんなに理想の状態で保存しても、少しづつ味や成分は変化します。購入後は、できるだけ新鮮なうちにお召し上がりください。

このページトップへ

商品のご案内

お買い物ガイド

りんごの豆知識

ライン

バスケット